2020-12-17

朝、ネオバターロールレーズン、昼、エビフライ定食(エビフライたくさん)(わたつね)。昨夜は雪が降って、朝はうっすら積もっていた、らしい。(出勤のときはすでに溶けていた)仕事。サンタクロースがプレゼントを持ってやって来た翌日の学校のような、浮ついた気持ちで過ごした日。昨日の在廊がうれしいことばかりで、プレゼントの包みを開けたり直したりするようにして思い出していた。善田のお花は千両に水仙ですでにお正月仕様。ボーナス支給日でもあったが、1円たりとも前年比変動なし。このご時世ありがたい話のようで、営業会社の中で仕事内容を軽んじられている結果でもある。午後、東京の感染者数800人超を受け、小池都知事が緊急会見。東京の状況が深刻になると日本中一気にムードが変わるのだろうなあ。京都も「京都市内の飲食店などに午後9時までの時短要請へ 21日からで京都府が調整」(京都新聞)と報道が出た。ただし出勤も退勤も、通勤客が減ったなあという感じは特にせず。夕飯はみぞれ鍋。夫の要請で鍋料理が続いているが、当の本人はもう食べるのに飽きているということが判明。食べたいというより、暖を取るために所望しているとのこと。食べるときのあのなんともうれしそうな顔は、あたたかさに対するものだったのか。スーパーで活車海老が売っているのを見つけたので、それもさばいて食べた。「生食いけますよ。」という、まるでヴィレッジヴァンガードのようなポップにそそのかされて買ってみたが、意外と苦戦。まだ生きているので、掴むとまさしくえびぞりになり跳ねまくり、台所でぎゃあぎゃあ叫び声をあげながら包丁を入れることになった。味は、おいしいというか、さっきまで生きていた生き物の味。いろいろ忘れないために、たまにこういうことをやっておくといいと思う。食後は万年筆を取り出しお便り書き。年賀状をくれた人へ出すものだが、年賀状ではなくなかばダイレクトメールである。ただ言い訳を書いておくと、商魂たくましいというよりは、こういうことを丁寧にやるのが単に好きなのだと思う。旧い付き合いの人に「本が出た」と言うと、ことのほかよろこんでくれるのでこちらが驚くほど。今日のニュース、新潟 関越道 大雪で立往生 500台近くが外に出る(NHK)

関連記事